fig2.6_RQ1 back ground

RQ1型への実直の取り組みは、最終的には機械学習モデリングのために統制され体系化された美しいデータソースとなります。機械学習モデルを活用し自動化された各種ビジネス施策の効果測定まで自動化されれば、その施策へのリアクションデータまでが将来の新しい特徴量になるでしょう。
Both comments and trackbacks are currently closed.
PAGE TOP