受託分析サービス

データサイエンス部門の4つの役割と3つのケイパビリティ

以下はCI.が考えるDS部門の姿です。以下記事で紹介させて頂いている機能とそれを実現するケイパビリティの調達と開発なくして組織におけるデータの利活用は進みません。育成型支援やアドバイザリー型支援においては、このような視点の共有から丁寧に進めさせていただきます。

データサイエンス人材育成に対する考え

データサイエンティストが担う分析は単なるデータ加工ではなく、様々な思考法を駆使し意思決定をサポートしなくてはなりません。以下記事ではデータサイエンティストがよく活用する思考法の一つ仮説演繹法について紹介しています。このような思考法の実践力強化には地層を積み重ねるような思考の反復が無ければ難しいと考えております。

データサイエンス実務に関する考え

一部を除きデータサイエンスや機械学習の活用はこれからが本番です。最新の知識や技術を身につけた人材と変革を主導する組織マネジメント層の高いレベルでの協働が不可欠ですが、そこには常に組織適応課題が生じます。以下は芝浦工業大学で実施した特別講義を社会人向けにアップデートしたライブ配信動画です。そもそも統計学とは、機械学習とは、そして組織におけるデータ活用時の意義とは何かについて取り上げました。

LIVE_統計学を土台とした実務と技術_202101

 

サンプル動画(1.5倍速推奨)

受託サービス期間中に見放題となるCIオンラインプラス提供のサンプル動画です。受託サービス時の打ち合わせ時間だけでは全てをお伝えできませんし、またご質問されるのも難しいと理解しています。ご支援させて頂く中で登場する用語や概念について、実際にご支援させて頂く者が解説している動画ですので、一般的な研修や座学とは異なる学習成果を得られるとご評価を頂いております。

メルマガ登録

ライブ配信情報やデータ&ディシジョンサイエンスに関連する最新の調査情報をお届けしています。

PAGE TOP