データ活用サービス

受託分析サービス

データサイエンスと機械学習を駆使した探索的分析や独自アルゴリズム開発等のためのプロフェッショナルサービスです。育成型、R&D型、アドバイザリー型など貴社ニーズに合わせ対応致します。詳しい内容はこちらのリンクまたは以下画像からご確認下さい。

knowledge transfer

もっと見る

CIオンラインプラス

CIオンラインプラスは法人向けの会員制オンラインサービスです。毎月のビデオカンファレンス予約権に加え、技術調査動画やライブ配信等を活用することで毎月の技術アドバイザリーや人材育成にお役立て頂けます。

もっと見る

サービスの流れ

お問い合わせからサービス提供までの基本的な流れを掲載しております。内容はこちらのリンクまたは以下画像からご確認いただけます。お気軽にお問い合わせ下さい。

Service Flow

もっと見る

 


Message

CEO/Founder 山田 典一 Norikazu Yamada

インテリジェンスの生産に貢献したい。

はじめまして、株式会社クリエイティブ・インテリジェンスの山田です。データは21世紀の新しい石油とも例えられ、多くの組織でその蓄積と活用が進められています。その中で私たちが大切にしている領域があります。それはインテリジェンスの生産です。

インテリジェンスとは組織の利益に資するまでに洗練されたインフォメーションのことで、単にデータが加工されたインフォメーションとは区別される概念ですが、多くの方々はデータを単にインフォメーションに変換する行為までも分析と呼ぶ傾向があるようです。

しかし、私の知る限りそのような組織で生産性の高い組織はありません。分析はデータをインテリジェンスにまで洗練させるものであり、そこへの理解が低い組織では競争優位性を獲得するまでに必要な人材や設備への投資がなされない為だろうと考えています。

CI.はThe Analytics Companyとして、私達自身がインテリジェンスの生産者として高い技術力と実直なマインドを有したプロフェッショナルであることを前提に、クライアントに対しインテリジェンス生産能力の開発とインテリジェンス人材の育成に貢献したいと考えています。

データサイエンス部門の4つの役割と3つのケイパビリティ

以下はCI.が考えるDS部門の姿です。以下記事で紹介させて頂いている機能とそれを実現するケイパビリティの調達と開発なくして、組織におけるデータの利活用は進みません。皆さまの組織強化の一助となれば幸いです。

データサイエンス人材育成に対する考え

データサイエンティストが担う分析業務は単なるデータ加工ではありません。様々な思考法を駆使しビジネス意思決定をバイアスなく科学的にサポートしなくてはなりません。以下記事ではデータサイエンティストがよく活用する思考法の一つ仮説演繹法について紹介しています。このような思考法への興味と理解、日々業務における実践力強化には、地層を積み重ねるような思考の反復が無ければ難しいと考えており、故にデータサイエンス人材の育成も長期戦であるというのが弊社の考えです。

データサイエンス実務に関する考え

一部企業を除きデータサイエンスや機械学習の活用はこれからが本番です。最新の知識や技術を身につけた人材と変革を主導するマネジメント層の高いレベルでの協働が不可欠ですが、そこには常に組織適応課題が生じます。以下は芝浦工業大学で実施した特別講義を社会人向けにアップデートしたライブ配信動画です。そもそも統計学とは、データサイエンスとは、機械学習とは、そして組織におけるデータ活用時の意義とは何かについて述べております。

受託分析サービス

データサイエンスと機械学習を駆使した探索的分析や独自アルゴリズム開発等のためのプロフェッショナルサービスです。育成型、R&D型、アドバイザリー型など貴社ニーズに合わせ対応致します。詳しい内容はこちらのリンクまたは以下画像からご確認下さい。

knowledge transfer

もっと見る

CIオンラインプラス

CIオンラインプラスは法人向けの会員制オンラインサービスです。毎月のビデオカンファレンス予約権に加え、技術調査動画やライブ配信等を活用することで毎月の技術アドバイザリーや人材育成にお役立て頂けます。

もっと見る

サービスの流れ

お問い合わせからサービス提供までの基本的な流れを掲載しております。内容はこちらのリンクまたは以下画像からご確認いただけます。お気軽にお問い合わせ下さい。

Service Flow

もっと見る

 

PAGE TOP