case scenario 1

処置群に対するCATE(constant marginal effect)が推定できれば、より処置効果の高い人に限定したリーチが可能。オンライン施策であれば、パーソナライゼーション施策へと繋がる。
Both comments and trackbacks are currently closed.
PAGE TOP