fig2.8_Mechanism

因果メカニズムの解明には大きく二つのアプローチがあります。一つは多様・多数のRCTにより因果仮説を検証すること。もう一つは観察データにおける処置変数、交絡因子、成果変数から交絡を調整した上で処置変数の成果変数への影響を推定することです。
Both comments and trackbacks are currently closed.
PAGE TOP