fig1.10.4_supervised learning ex2

教師あり学習の中の回帰タスク事例。正解データは連続変数で表現される。カウントデータ(非負整数)のような場合はポアソン回帰といったような特殊用途ごとのアプローチ選択はモデラー自身が行う必要がある。
Both comments and trackbacks are currently closed.
PAGE TOP