fig1.10.2_supervised learning ex1

教師あり学習の中の分類タスク事例。正解データはカテゴリ番号(0/1/2…)で表現される。解約有無などは0/1のバイナリ分類、パフォーマンス予測では0/1/2/3/4のマルチクラス分類。カテゴリ番号に順序がある場合は分類アルゴリズムではなくランク学習アルゴリズムの採用も検討されたい。
Both comments and trackbacks are currently closed.
PAGE TOP