fig1.10.1_supervised learning structure

教師あり学習への入力データ形式はテーブル形式。元データを特徴量に変換する部分は実務実践的な知識であり創意工夫できるかが重要。特徴量から正解データを識別するための関数のパラメータがデータから学習される。
Both comments and trackbacks are currently closed.
PAGE TOP