fig1.7.1_DL vs SML

従来機械学習では、完全ではありませんが、特徴量エンジニアリングとアルゴリズムは独立した工程として位置付けられています。一方、深層学習では、解析対象データを基本そのままのデータ構造で入力すると、特徴量抽出器が元データを特徴量に変換し、それが従来多層パーセプトロンへと与えられます。
Both comments and trackbacks are currently closed.
PAGE TOP