効果測定のゴールデンスタンダードであるランダム化比較試験(RCT)。しかしその実行は必ずしも容易ではありません。ビッグデータとして蓄積された観察データから実験的状況を作り出し、集団的な介入効果の推定を試ろみる必要性と需要が生じます。

本動画では、このような準実験的効果測定の手法について解説します。具体的には、DID(差の差分析)、IV法(捜査変数法)、RDD(不連続回帰デザイン)の3つについて紹介します。

◆構成

  • chapter-01:イントロダクション
  • chapter-02:因果推論の型
  • chapter-03:DID:差の差分析とは?
  • chapter-04:IV法:操作変数とは?
  • chapter-05:IV法:操作変数に期待される性質
  • chapter-06:IV法:未観測の交絡にも対応
  • chapter-07:IV法:捜査変数は見つかるのか?
  • chapter-08:IV法:その活用可能性
  • chapter-09:RDD:回帰不連続デザインとは?
  • chapter-10:RDDと機械学習

◆参照

コメントは利用できません。